top画像

Profile 基本データ

サトウタケヒロ (佐藤武宏)
10月12日 生まれ / 天秤座 / O型
岩手県盛岡市出身。高校卒業後、仙台→東京都杉並区→世田谷区→中野区→品川区を経て2011年春より盛岡在住


Favorit Artisits : 海外

AZTEC CAMERA / Ben Folds(Ben Folds Five) / Billy Joel / Blur / BON JOVI / The Chemical Brothers / Ed Sheeran / GUNS'N'ROSES / HANOI ROCKS / hurricane #1 / JACKSON BROWNE / Jarle Bernhoft / KT Tunstall / Maroon Five / Michael Jackson / Oasis/ OWL CITY / Owsley / R.E.M / PREFAB SPROUT / PRIMAL SCREAM / RADIO HEAD / Ron Sexsmith / Suede / the lilac time / The Smasing Pampkins / The Stone Roses / THE SMITH / T.Rex / U2 / UNDER WORLD ・・・and More (A to Z)


Favorit Artisits : 国内

aiko / 安藤裕子 / L⇔R / 大橋トリオ / 岡村靖幸 / 小沢健二 / 小谷美紗子 / Original Love / 河口恭吾 / KAN / Great 3 / くるり / GOING UNDER GROUND / Cocco / Cornelius / 古明地洋哉 / 坂本サトル(JIGGER'S SON) / 佐野元春 /曽我部恵一(サニーデイ・サービス) / 椎名林檎 / ZIGGY / すかんち / スガシカオ / Scudelia Electro / SPIRAL LIFE / スピッツ / 高野寛 / 玉置浩二 / 電気グルーヴ / TM NETWORK(TMN) / 徳永英明 / Tommy Feburary6 / TOMOVSKY / 中村一義(100s) /BUMP OF CHICKEN / Perfume / HEAT WAVE / 平井堅 / The pillows / 槙原敬之 / Mr.Children / My Little Lover / 遊佐未森 / 吉井和哉(The Yellow Monkey) / The Love・・・and More(アイウエオ順)

History Light Edition 〜3分でわかる『サトウタケヒロ』〜

'75年岩手県盛岡市生まれ。中学で音楽と出会い人生変わる。

TM NETWORKに憧れキーボードを購入。中学校最後の生活イベント(卒業生を送る会)にて初ステージを踏む。

しかし徹夜で準備したにも関わらず喝采を受けたのは側でグースカ寝ていたボーカリストだったため、やり場のない怒りと共にボーカル転向を決意。


10代後半より早くもその才能を評価され各種コンテストやオーディション等で高い評価を受ける。「俺は誰よりもすごいのだ。」と世間知らずの若者にありがちな不遜極まりない想いを胸に20歳の秋、大学を中退し上京。

あろうことか年末には早くも某大手メジャープロダクションのオーディションに合格する。「やっぱり俺は誰よりもすごいのだ。」と確信。そのまま人生順風満帆・・かと思われたが企画がポシャり、結局デビューできず。

天 狗 の 鼻 を へ し 折 ら れ る。

悪い事はどこまでも重なるのが世の常。同時期プライベートにて生涯最大の痛手を経験。吹き荒れる人間不信と絶望の嵐の中、血を吐く想いで自身3作目となるアルバム『forget me not.』を完成させるも、最早誰に聴かせる気力もなく、、かねてより区切りの年齢と考えていた25歳を目前に一度目の引退を決意する。


'00年6月、都内某音楽プロダクションに入社。アレンジャー、作曲家、レコーディングエンジニア、インストラクターとして幅広く活動。音楽の道を志す後輩達の指導に当たる日々を過すうちに、徐々に「もう一度自分自身の音楽を鳴らしたい・・てゆうか会社辞めてー」という想いが強まっていく。


'02年末、同社を退社し、自身の活動を再開。バンドや弾き語りによるライブ活動を行いつつ自身4作目となるソロアルバム『パースペクティヴ』を作成。'03 12/13、アルバムの発売とともに単身全国をまわる初のソロライブツアー"Tour'03'〜04 Northern Soul Delivery Vol.1 / Perspective"を敢行

以降活動の主軸をツアー(ライブ)に据え、"Northern Soul Delivery Tour"シリーズを継続。活動を休止する'06年4月までの約2年間で音楽を始めてからそれまでの12年間における総ライブ数を軽々と上回る実に113本ものライブを行う。踏破した地域は南は九州・小倉から北は青森・弘前まで、一都一府34県に及び、各地にて熱い反響を得る。


'05 6/8、ライブで鍛えあげた珠玉の11曲を収録した待望の5th Album『GO!!』を発売!! ・・しかしツアーをやり過ぎたせいでアルバムを工場プレス/全国流通させる予算がなくなり、泣く泣くCD-Rでの暫定発売となる。

・・このころから色んな意味で雲行きが怪しくなる。

『GO!!』発売を契機に、それまで都内のみライブ活動を行っていたサトウタケヒロバンドも満を持してツアーへ!! 東北・北関東の全5カ所を廻るツアーは各地で大いに盛り上がる。

・・が、その後ソロ弾き語りツアーを再開するも、ライブそのものの充実度とは裏腹に言わば経営面においては一向に自分の描く理想に追いつくことができず(端的に言っちゃえば売れず)、次第に精神的に追いつめられていく。

加えてまたしてもプライベートでの様々な痛手が重なり、遂には鬱病を発症。年末にはこの世界からの引退を考えるようになる。

同時期、一般企業に入社。人生初のまともなサラリーマン生活を送る。慣れない仕事に日々追われる中、今までのように活動に満足な時間をとれなくなったが、意外と音楽が無くても平気なことに気づき、 '06 4/8、サポートベーシストの「サトウタケヒロバンド」卒業ライブを以て引退を決断。


以降、実に15年ぶりに「音楽の事を全く考えない」非常に平穏な日々を過す。

活動している間は実質的に休みが無かったモンだから、今更プレステ2を買って5年分一気にやってみたり、小説を一冊読んで気に入ったら作者の著作を全部買って年代順に読破したり、丸一日寝てみたり、上司の愚痴を肴に同僚と延々飲んでみたり、食べ歩いてみたり、料理に凝ってみたり、、それはそれでアリではあった。

しかしながら、そんな平穏な日々を謳歌しつつもだんだんとこのまま終わることに納得いかない気持ちが強くなり、2007年末、活動再開を決意。


2008年1月、HPをフルリニューアル。ツアーの開催とアルバム発売を発表し、華々しく活動再開を宣言するも、ほんの数日後正月休み明けに出社するといきなり新部署への移動と新プロジェクトのリーダー役を命じられ、全てが白紙に。まるで予定調和のような運命の悪戯にも何故かむしろ妙に清々しい気持ちになり、再度活動を中止。

以降ひたすら仕事に追われて現在に至る。一般的な三十代男性としてそれなりに安定した人生・・かと思い始めた矢先、2009年夏に不治の病を煩う。更に2010年3月、無二の親友を亡くしたことをきっかけに、「もうこのまま生きてても意味ないな」と悟り、遂にとゆうかようやくとゆうか重い腰をあげ、復活。永いブランクを経てなお歌うことを忘れていなかった身体に安堵するとともに更なる活動の充実を胸に期する。「来年はやるぞぉ!」みたいな。そんな感じ。

しかしながら暮れも押し迫った2010年12月28日、これまで病気ひとつしなかった母が突如脳梗塞で倒れる。当初は東京から週末ごとに地元盛岡へ通っていたが、東日本大震災を期に実家へ戻ることを決意。2011年4月末を以て退職し、長年暮らした東京を離れ、帰郷する。まるで予定調和のような運命の悪戯にも何故かむしろ妙に清々しい気持ちになるあたりはドMアーティストの真骨頂と言えよう。

帰郷後は実家のリフォーム(バリアフリー化)工事やら家族のケアに追われまくり曲より主にごはんをつくっている今日この頃だが東北各地で行われる秋のライブイベントへのブッキングを経てようやく再始動を果たす。

我ながら実に今更感満載の復活劇の明日はどっちだ?


こんな感じなんですけど・・わかってくれた?

  • ■わかった。もういい。 → Topへ!
  • ■音楽家としての経歴が気になる。→ Music Careerへ!

サトウタケヒロOfficial Facebookページはこちら